« March 2005 | Main | July 2005 »

It's true

マジでー?

ここまで振り回されてくると「Inetl CPUは使いません」とか発表したら「やっぱりな」で終ってしまう。驚かせるとしたら「次のMacはPentium搭載!」とかやったほうが驚くのだけど、本当にやるとは。

ただし、IBMやIntelにとってAppleがそれほど重要な顧客かと言うと売上的にはそんなに重要ではないのではないか。PCのシェアとしてはAppleは2.2%程度と聞いている。DELLが10個のIntel製プロセッサを売るとして、Appleは1個しか売ってない。IntelがAppleを顧客に付けたとしてもそれほど売上は増えないのではないか。

またIBMはどうかというと、今までは重要だったかも知れないけどもPC分野に見切りを付けてLenovoに売り払ってしまうくらいだし、単価も稼げない上に数も出ないApple製品へのCPU販売は止めてもいいとか思っているではないだろうか。Appleへの売り上げはIBMのファブ製造能力のうち5%程度。失っても大した打撃ではない。数を裁けないAppleの代わりにこれからはSCEIとMicrosoftがプロセッサを売ってくれる。こちらはAppleと比べれば単価はさらに安くなるかも知れないけど数だけははみ出る程売ってくれるに違いない。AppleにPowerを注ぐ理由が減ってしまった。

PowerPC G5のクロックが3GHzを超えないというのがIntel採用の理由の一つとのことだけども、Pentium 4ですら3GHzを超えたというのがやっとで、当然それをノートを入れるには無理がある。そもそもPentium 4はクロックだけが速くて処理自体はそれほど速くない。Apple自身もPower Mac G5のパフォーマンスを示すページでDual Xeon/3.6GHzよりもDual PowerPC G5/2.7GHzの方が1.7倍速いとしている。2GHzのPowerPCG5ですら1.35倍だ。それにもかかわらずIntelに乗り換えるのは不可解だ。

AppleがIBMを見限るのではなくて、IBMがAppleに見切りを付けると言うのなら話は解らないでもない。

| | Comments (36) | TrackBack (3)

情報公開の是非

cnetに掲載された情報公開の是非を問う記事。論点が違う気がする。

例えば、その手口情報が公表されたとしよう。すると、それを読んだ人は、すぐさま自分のサイトなどにその情報が該当するかどうかを考えるだろう。

これは違う。読んだ人が何を考えるかと言うと、今後もそのサイトを利用しようと考えるか、利用を取り止めるか、その判断をしようと考える。自分のサイトといっても自分でサーバ管理まで行っている人はまだ少ない。サイト運営者の見方ではなくて、利用者としての見方が必要だと考える。

特に価格.comは「最高のセキュリティが破られた」と主張している。それが他の人から評価しても最高のセキュリティなのか、価格.com独自基準での最高のセキュリティなのか、ということは重要だ。もし、本当に最高のセキュリティと呼べるだけの管理体制であったのであれば、他のサイトでも同様の危険性があると言うことで、今後も価格.comを利用する人も出てくるだろう。逆に、とても最高とは言えない状態であったとしたならば、価格.comの利用は取り止めて別のサイトを利用することを検討するだろう。

このような情報が提供されない現時点においては、「なんだか良く判らないけど外部から侵入されたサイト」ということになる。そのようなサイトでは安心できないので今後の利用はご遠慮したいサイトという評価になる。

そこまで考えないにしても、

  • まだ被害にあっていないサイト
  • 既に被害を被ったサイト

ではどちらが信頼性が高い印象を持つだろうか。まだ被害にあっていないサイトではないだろうか。実際の信頼性とは関係なく、印象の問題である。三菱自動車の製品が敬遠されてしまうのは、製品に欠陥が発生してたからで、さらにそれを隠していたからでもある。欠陥が生じると言うことはそれを許容するような文化が会社内にあるのではないか。そのような文化だとするならば、欠陥が生じると次もまた欠陥が生じるのではないか。そういう印象を持たれてしまう。その上で欠陥を隠してしまうとそのような印象を覆すことが極めて困難になる。

今回は単純な改竄だから良かったものの、価格を改竄されていたらどうなっていたことだろう。掲載されている価格情報の信用が無くなってしまう。価格.comの今後のサービスのためにも情報公開は必要ではないだろうか。

サイト管理者同士の情報共有ではなくて、サイト利用者のための情報公開が必要だろう。改竄を検出してからもしばらくサイトをそのまま公開するなど、価格.comの対応には利用者を考慮する姿勢が感じられない。

今後、価格.comを他人にオススメできるか、というと現時点ではオススメできない。価格.com側がどんなに「最高のセキュリティ」と主張しても実際に破られたのだから、変化が無ければ次もあるだろうと考えてしまう。隠されていては変化があるのか無いかすら判らない。「安全だ」という主張は今も昔も変わらないのだから、実際の安全度も今も昔も変わらないのではないか。

| | Comments (26) | TrackBack (1)

« March 2005 | Main | July 2005 »